光回線

【UR都市機構特別プランauひかり】16M(R)プランってどうなの?を実際に契約してみた!使用感など詳しく解説します

UR都市機構auひかりってどうなの?

UR賃貸に住んでいる方限定のauひかりのポストチラシを見てこちらをご覧になっていませんか?

UR賃貸に住んでいるとポストに投函され、案内のチラシが届きます。

月額料金は税込3,025円と光回線の中でもかなりお得な値段設定です。

実際に使ってみて、速度は速いのか?

集合住宅で共有してネットを使うけど、使えない時間帯はあるの?

など疑問点があるかと思いますので詳しく解説していきます。

この記事では16M(B)、(R)のプランを中心に執筆しています。

詳細は下記にまとめましたので是非ご覧ください。

うちでは問題なく利用できています!

個人的には満足している光回線で結構オススメです。

マンション都市機構 auひかりとは?

auひかり マンションより引用

auひかり 都市機構 光ファイバー

UR都市機構の賃貸マンションに住んでいる方限定のプランです。

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み建物共用部から各住戸までは電話線を活用して利用します。

 

auひかりの都市機構プランには大きく分けて2種類あります。

種類 特徴
マンション都市機構 auひかり 速度が遅い、料金安い
マンション都市機構G auひかり 速度早い、料金はGの方が高い

また、都市機構Gは対応している物件としていない物件があります。

対応エリアの確認はこちらからご確認ください。(auのサイトに飛びます)

メリット5選

メリット10選

UR賃貸 auひかりメリット10選

step
1
月額料金が安い

step
2
お得なキャンペーンがある

step
3
回線工事が無料

step
4
解約料金・契約期間がない

step
5
データ容量制限なし!使い放題

 

1.月額料金が安い

管理人
料金形体はこのようになっています。

注意

こちらはインターネットのみの料金表です。

ネット+電話の料金表が知りたい方はauサービスタイプ別料金表をご覧ください。(auのサイトに飛びます。)

マンション都市機構 プラン 月額料金(税込) 新規登録料(税込) 契約解除料 工事費用(税込) 割引
東日本/西日本DX (100M/70M) 4,180円 3,300円 - ※1 33,000円 33,000円 ※3
東日本 16M(B) 2,585円 3,300円 - ※2 13,200円 -
東日本 16M(R) 3,025円 3,300円 - ※2 - -
西日本 16M(B) 3,025円 3,300円 - ※2 13,200円 -
西日本 16M(R) 3,465円 3,300円 - ※2 - -

16Mの(B)と(R)ってなに?

(B)・・・ベーシック

 初期費用13,200円(税込)が発生。機器レンタル料は発生しない。

(R)・・・レンタル

 初期費用は発生しない。機器レンタル料440円(税込)が発生する。

都市機構DXならGMOとくとくBBauひかり公式サイトへ

※1 23ヶ月以内解約の場合、33,000円発生

※2 一部プロバイダは6ヶ月の最低利用期間あり

※3 毎月1,443円の割引x22ヶ月

★プラン別 最大速度

都市機構 auひかりは、ベストエフォート型を採用しています。

ベストエフォート型とは”最大限努力して出す速度”という意味で、他のマンション住民が使っていない時間だと最大限の速度でネットが利用できます。

マンション住民のネットの利用者数が多い時間帯だとインターネットが混み合って最大速度が出せず、ネット環境が遅くなってしまうことです。

マンション都市機構 プラン 最大通信速度
東日本/西日本DX (100M/70M) 100Mbps / 70Mbps
東日本 16M(B) 16Mbps
東日本 16M(R)
西日本 16M(B)
西日本 16M(R)

 

都市機構DXなら100Mbpsも出せる!GMOとくとくBBのひかり公式サイトへ

管理人
Mbpsの目安は下記の画像を参考にしてください。

Mbpsの速度目安

 

管理人
オンラインゲームや簡単なPC作業くらいでしたら10Mbpsあれば充分ではないでしょうか?

 

2.オトクなキャンペーンがある

チラシポスト投函のプレゼントの場合

株式会社アクセスラインのプレゼント or 郵便為替

UR賃貸にポスト投函されたチラシ限定のキャンペーンが存在します。

株式会社アクセスラインとかかれたチラシですね。

期間限定ですが、3,000円の郵便為替(不課税)or3,000円相当のWiFiルーターが貰えます。

月額料金が安い上にキャッシュバックがあるのは珍しいかと思います。

是非キャンペーン期間内にGETしてほしいです。

管理人は上記のWiFiルーターを貰いました。

Amazonで調べた結果1,800円程度のルーターでした。

おそらくTP-link製が送られてくるはずだと思うので、自分で選びたい方は3,000円の郵便為替を貰って自分で選んだほうがよいでしょう。

 

3.回線工事が無料

VDSL 説明書

都市機構auひかりには回線工事費用がかかりません。

ルーターとは別にauのVDSLの機器を接続しに、おじさんがやってきます。

10分程で接続完了です。

また、固定電話はいるの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが必要ありません。

 

4.解約料金がない

都市機構auひかりには解約料金がありません。

但し、東日本/西日本DX (100M/70M)の場合は23ヶ月以内に解約すると33,000円の工事費用を支払わなければなりません。(分割払いにすると工事費用0円になります)

期間とプランに注意してください。

100Mbps/70Mbpsの都市機構DXならGMOとくとくBB!ひかり公式サイトへ

5.データ容量制限なし!使い放題

wifi

光回線なので当たり前ですが、容量制限なしの使い放題です。

16Mプランを契約する場合ポケットWiFi(モバイルルーター)でも月額4,000円前後しますので、お安くインターネットを使う事ができます。

契約解除料もかからないので都市機構にお住まいの方には本当におススメです。

うちでは複数台で使っていますが、めちゃくちゃ遅いという状況になったことがないです。

テレビでもYoutube視聴やNetflixなども、夜の時間帯は若干読み込みが遅い時はありますが普通に使えています。

 

デメリット3選

デメリット10選

UR賃貸 auひかりデメリット5選

step
1
16Mプランは16Mbpsが努力値です

step
2
ネット単品プランだとauスマートバリューは使えない

step
3
VDSL機器はレンタル品

 

16Mプランは16Mbpsが努力値です

時間帯により遅くなることがある

上記でもお伝えしましたが、都市機構auひかりはベストエフォート型といって最大努力値しか出せません。

都市機構タイプでは、マンション・団地住民の都市機構wifiを使っている人とインターネットを共有しなければならないため夜20:00~翌1:00くらいの利用者がよく使う時間帯では回線が混み合ってしまう事があります。

特に16Mのプランの場合は大容量のアップロード等は夜遅くなってしまうかもしれませんので、上記の時間を避けるとよいでしょう。

auひかり都市機構DXならGMOとくとくBB!ひかり公式サイトへ

我が家でスピードチェックしてみた結果

お昼の時間帯(14:30頃)

 

深夜の時間帯(0:00頃)

平均して11~15Mbpsくらいの速度でしょう。

Youtubeを4Kで視聴する、大容量通信(動画の送受信等)はやはりストレスを感じてしまう速さです。

それ以外でしたら、快適指数なのでネット環境にそこまで速さを求めていない方にはいいのでは?と管理人は思います。

一番の魅力は月額料金が安く、ある程度の事ができちゃう所です。

auひかり都市機構DXなら70Mbps!GMOとくとくauひかりはコチラから

auスマートバリュー割引は"ネット+電話"セットのみ

ネット単品の場合auスマートバリューは使えない

auスマートバリュー割は、インターネット+電話のセットで家族のau携帯の割引を受ける事が出来ます。

ネット単品のプランだとauスマートバリュー割引の特典は得られませんので注意してください。

auひかり都市機構DXならネット+電話でスマートバリュー使えます!まずはエリア検索から

VDSL機器はレンタル品

auひかりから送られてくるVDSL機器はレンタル品です。

解約する際に返却義務が発生するため故障しないように気を付けましょう。

管理人
以上のことを踏まえて、契約するか参考にしていただけたら幸いです!

auひかり都市機構 16Mプランでできること(管理人の体感)

実際にauひかりマンションタイプ 都市機構プラン16M(R)を使っている管理人の体感です。

体感 理由
TVでNetflix・Youtube視聴 ぶっちゃけ朝昼夜も止まることなく問題なく見れているから。4Kとかはサクサクは行かないかも。
スマホでの大容量アプリダウンロード 爆速ではないですが、個人的にはストレスもなく5分くらい放置してればダウンロード完了しています。
複数人で同時利用したとき 同じ回線を使用して、ゲーム機でオンラインゲーム対戦、TVでネットフリックス視聴、スマホでYoutubeと複数台利用したことがありますが、止まる事なく快適に使う事が出来ました。

都市機構DX(最大速度70Mbps)ならGMOとくとくBB!ひかり公式サイトへ

auひかり都市機構プラン 16Mがおすすめな人

メリット10選

auひかり都市機構プラン 16Mがおすすめな人

step
1
インターネット速度は最低限でよい

step
2
速さ<月額料金を重視したい!

step
3
UR賃貸に現在お住まいの方

step
4
試しに使ってみたい方(契約解除料金、工事費なし)

auひかり都市機構プラン 16Mをおすすめしない人

デメリット10選

auひかり都市機構プラン 16Mをおすすめしない人

step
1
インターネット速度は速いほうが良い!

step
2
月額料金が少し高くてもストレスなく使いたい

step
3
UR賃貸に住んでいない

step
4
使いたいプロバイダがある

auひかり都市機構DXならGMOとくとくBB!ひかり公式サイトへ

まとめ

今回はauひかり都市機構プランの16Mについての記事でした。

自宅のポストに投函されたチラシで実際の使用感はどんな感じだろう?と悩んだ方にご参考になってくれれば幸いです。

何か質問があればコメントもお待ちしております。

 

都市機構DXならGMOとくとくBB!ひかり公式サイトへ

 

【厳選】無制限で使えるオススメWiFi 3選

管理人
WiMAXは、沢山のプロバイダがありますがサービス内容はどれも一緒です。 こちらでは安さ・サポート・キャッシュバックなど総合的に見て一番オススメのおすすめプロバイダをランキング化しています。

DTI WiMAX

端末料金0円、1~2ヶ月目は0円。3ヶ月目は2,849円。 ここだけでもお得なのに、4ヶ月目~ずっと4,136円で使えます。 シンプルな料金形体で上がり下がりなく安定して安く使えるのはDTIが絶対おすすめです。

 

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBの強みはキャッシュバックがあること! 月額料金は年数によってバラバラなのでシンプルに分かりやすい料金形体ではないと思います。 キャッシュバック分を合わせて相殺すると総額が安くなります。 受け取れない方も多いので、確実にキャッシュバックを受け取れる方にお勧めのプロバイダです。

 

-光回線

Copyright© いつでもWiFi ~無制限で使えるおすすめWiFi~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.